自己破産 連帯保証人

連帯保証人に迷惑がかかる|自己破産ナビQ!

自己破産すると連帯保証人はどうなる?

まさかですが、自己破産することで「借金が免除される=金銭賃借契約自体が無かったことになる」と思っていませんか?それは大きな間違いですよ。

 

もしあなたが自己破産によって免除された債務に連帯保証人などが付いている場合には、その債務はあなたから保証人へと移るだけなのです。

 

つまり、かなりキツイ言い方になってしまいますが、あなたを信用して保証人になってくれた恩人というべき人を裏切る行為なのが自己破産なのです。

 

これはどんな綺麗事をいっても絶対に変わることが無く、そしてこれこそが自己破産するにあたって逃れることができない現実なのです。

連帯保証人も自己破産する可能性がある

通常、債務者が自己破産すると債権者は連帯保証人へ支払いを求めることになります。
ただし、この場合では分割などの返済には基本的に合意してくれませんので、連帯保証人は債務の一括返済を求められることになります。

 

100万円や300万円程度であれば何とかなるかもしれませんが、債務が1,000万円、2,000万円だったらどうでしょう?

 

もし連帯保証人がその債務を一括返済できない場合に辿る道はあなた同様に自己破産を含めた債務整理しか残されていないかもしれません。

 

これらの事実をしっかり理解した上で自己破産をする必要があります。これだけ周りに迷惑をかけることになる自己破産という過ちを2度と繰り返さない為にも、今回はあえて厳しい話をさせていただきました。

 

連帯保証人などに対してどうしても迷惑を掛けたくないと思っているのであれば、弁護士や司法書士など借金整理のプロに相談することで、自己破産ではなく、「任意整理」や「民事再生」などの自己破産以外の解決策を見出してくれるかもしれません。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ