自己破産 弁護士 依頼

自己破産手続きを弁護士に依頼する前に|自己破産ナビQ!

本当に自己破産が必要なのかを再度確認する

自己破産の申請をする前に、もう一度本当に自己破産しか手段はないのか、再度確認することをオススメします。

 

これまでにも散々言ってきましたが、自己破産をすると多くのデメリットがあります。

 

自己破産以外でも任意整理や個人民事再生など借金を整理する方法は存在します。
これらの債務整理法と自己破産をもう一度よく検討してみることをオススメします。

 

また、弁護士や司法書士などの専門家に相談することで、払い過ぎた利息分を取り返せる可能性もあるのです。

 

本当に自己破産しか残された道がないのかを今一度確認するようにしましょう。

保証人のことや職業の制限などを考える

自己破産をする前にもう一度保証人のことを考えてみましょう。あなたの借金に保証人が付いている場合には、その債務はすべて保証人へと支払い義務が移ってしまいます。

 

もちろん、保証人も最悪のケースを考えた上で保証人になっているのでしょうから、言い逃れはできません。

 

最悪、保証人も自己破産という道を辿る可能性があることを今一度考えてみましょう。

 

すごく、嫌な言い方ですが、保証人にもあなた同様に守るべき家族があることも忘れてはいけません。

自分で自己破産する手段もある

弁護士や司法書士などの専門家に自己破産を依頼するのも良いですが、自己破産は個人レベルでも十分に可能です。

 

とくに処分する財産がないような同時廃止の場合であれば、準備する書類などに多少の手間を取られますが、費用を大幅に抑えることが可能になります。

 

自己破産後の生活のことを考えると、少しでも手元に現金があるほうが心強いに決まっています。

 

これらのことを考えて個人で手続きをするのか、弁護士や司法書士へ依頼するのかを今一度考えてみましょう。

決心が出来たら最初にすることは?

弁護士や司法書士へ依頼するにしても、個人で手続きするにしても自己破産の覚悟が整ったらまずやるべきことは、あなたの負債を全て把握することです。

 

どこからどれくらいの借入金が残っているのか?などを明確にする必要がありますので、借入れ先に連絡してこれまでの取引履歴を入手しておきましょう。

 

弁護士や司法書士などへ依頼するとあなたに代わって取引履歴を取り寄せてくれますが、事前にあなた自身が準備しておくことで、より自己破産の手続きがスムーズに進みますので、時間に余裕があればぜひ事前に準備しておくことをオススメします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ