自己破産 弁護士 依頼

自己破産手続きを弁護士に依頼するデメリット|自己破産ナビQ!

弁護士費用が発生する

自己破産の手続きを弁護士に依頼することで手続きが楽になったり、債権者との窓口になってくれるなどのメリットがありますが、今回は逆にデメリットとなる部分を考えていきたいと思います。

 

 

★弁護士費用が発生する

 

自己破産を弁護士に依頼するデメリットは、やはり高額な弁護士報酬が発生するという一点に尽きるのではないでしょうか。

 

平成16年以降、弁護士報酬の規定が廃止されたことで今現在、弁護士に自己破産の手続きを依頼すると、弁護士事務所によって報酬に結構な差が生まれているのが現状です。

 

一般的には、自己破産の弁護士報酬は、「20万円〜50万円程度」と言われていますが、実際には20万円で済むケースは少ないようです。

 

稀に20万円以下で自己破産手続を引き受けている弁護士事務所もあるようですが、一般的な相場と比較してあまりにも安価な場合にはまず疑ってみるようにしましょう。
現に自己破産者を狙った悪質な弁護士がいるのも事実です。

 

ただし、最近では、弁護士報酬を分割対応してくれている事務所も多くありますし、法テラスなどのように弁護士費用を貸付してくれる場合もありますので、自己資金に不安がある人でも弁護士に依頼しやすくなっています。

 

さらに、自己破産などの債務関連であれば、初回に限り無料で相談することができますので、インターネットなどで最寄りの弁護士事務所を検索してみてください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ