自己破産 二回目

免責許可を受けてから7年間は再び自己破産することはできない?|自己破産ナビQ!

なぜ7年間自己破産ができないのか?

自己破産する際のデメリットとして免責許可の決定が確定してからその後7年間は新たに自己破産をすることができないというのは意外と知られていますよね。

 

今回はこの1度自己破産をすると7年間自己破産が出来ないとうケースについて考えていきたいと思います。

 

 

★なぜ7年間自己破産ができないのか?

 

なぜ1度自己破産で免責が下りるとその後7年間は新たに自己破産ができないのかというと、免責不許可事由のひとつに「免責許可の決定から7年が経過していないこと」という項目があるため、この不許可事由に該当してしまうからです。

 

本来は10年間だったのですが、平成17年の破産法の改正により7年間に短縮されました。

 

しかし、ここまでの情報は多くの自己破産サイトでも紹介されていますので、多くの方はご存知のはずです。しかし、実際には過去に自己破産しており7年以内に再度自己破産をしている人は意外と多くいることをご存知でしょうか?

7年以内でも再度自己破産ができるケースもある

なぜ免責不許可事由に該当しているにも関わらず7年以内に再度自己破産ができるのかというと、免責不許可事由に該当している場合であっても裁判官の裁量で免責許可の決定が下りる場合があるからです。

 

よく考えてみてください。免責不許可事由には他にもギャンブルなどの浪費によって作った借金という項目もありますよね。しかし、実際にはギャンブルによる借金でも多くの人が免責許可の決定を受けています。

 

これは裁判官の判断で免責を下ろすことで再スタートのチャンスを与えても良いと判断した場合に限り免責許可を出せるようになっているからです。これを「裁量免責」といいます。

裁量免責とは

裁量免責とは、どのような理由や経緯で自己破産の申請に至ったのかなどを総合的に判断して、止むえない事情や本人が真摯に反省している態度などが見受けられる場合に、特別に免責を許可することです。

 

例えば、一度自己破産していても、その後子供が大病を患い仕方なく借金をしたという場合や、夫が不慮の事故で怪我をしてしまい就業することが困難になり生活していく上で仕方がない場合などの借金というような場合に、この裁量免責が適応されるケースがあるのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ