自己破産 持ち家

不動産(土地・マイホーム・別荘)を手放す|自己破産ナビQ!

自己破産することで不動産はすべて手放すことになります

自己破産する際のマイホームや別荘などの不動産について説明していきたいと思います。

 

自己破産の際に20万円以上の財産、もしくは合算した財産が99万円以上ある場合にはその財産を現金に換価して債権者に分配するようになっています。

 

ただし、不動産に関しては財産的価値に関係なく全て処分して現金に換価した後に債権者へと分配されることになっています。

 

これは当然、破産者自身の名義に限られますので、親名義の住宅に同居していたり、旦那名義の住宅を妻が自己破産するからといって処分されることは一切ありません。

すぐに退去する必要があるのか?

自己破産の手続きをしたからと言って、処分対象の住宅をすぐに退去する必要はありません。

 

基本的には「破産手続開始決定」された後に破産管財人が選出され不動産の売却へと移りますので、買い手が決まった時点までは住み続けることができます。

 

期間にすると破産申請してから3ヶ月〜6ヶ月は退去する必要はありませんので、この期間内に引っ越し先などを決めるようになります。

マイホームをどうしても手放したくない

現在住んでいるマイホームをどうしても手放したくないという場合には自己破産以外の債務整理を検討するしか方法はありません。

 

任意整理や個人民事再生などはマイホームを手放すことなく債務の整理が出来ますので、弁護士や司法書士などの専門家へ相談してみることを強くオススメします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ