自己破産 車 使用者

自己破産しても、車の使用者ならば、車は処分されませんか?|自己破産ナビQ!

自己破産しても、車の使用者ならば、車は処分されませんか?

この場合、基本的には車は処分されません。ただし、自己破産申立の直前に所有者を変更して、使用者となった場合には、財産隠しになってしまう可能性があります。

 

自己破産をすると、破産者名義の車は没収されてしまうことがあります。それでは、自動車の名義は破産者以外の第三者で、破産者本人は「使用者」となっている場合、車を失うことはないのでしょうか?
今回は、自己破産したときに、破産者が車の使用者になっているときの取扱いについて、解説します。

 

 

 

自己破産で失われるのは、破産者が「所有する」財産

自己破産をするとき、破産者が所有する財産で、おおむね20万円を超える価値のものがあると、その財産は失われます。
破産管財人に引き渡し、換価(現金化)の上、債権者に配当されてしまうからです。
ただ、自己破産において換価と配当の対象になるのは「破産者が所有するもの」のみです。

 

破産者ではないものが所有する資産については、自己破産によっても没収されることはありません。
たとえば、賃貸住宅に居住している場合、居住者(使用者)は破産者ですが、物件の所有者は大家ですから、自己破産をしても物件が勝手に売却されることはありません。
これと同じことが、車にも言えます。

 

破産者が単なる「使用者」であり、他の第三者が「所有者」となっている場合には、「使用者」が自己破産をしても、車がなくなることはありません。
このことは、親族でも同じですから、父親が「所有者」となっていて、子どもが「使用者」となっているときに、子どもが自己破産をしても、車が失われることはないのです。

 

ただ上記のケースで、「所有者」である父親が自己破産をすると、車は取り上げられてしまいます。車を所有していて、使用者を別に設定しているときに自己破産するときには、必ず事前に使用者に連絡を入れて、注意しておくことが必要です。

破産直前に「使用者」となると、問題が発生する

自己破産時に、破産者が単なる「使用者」であれば、車がなくなることはありませんが、もともとは「所有者」であったところ、自己破産の直前になって、所有名義を変更し、自分が「使用者」になった、というケースでは、問題が発生します。

 

この場合、車の所有名義の変更が「財産隠し」になってしまう可能性があります。

 

自己破産前の車の名義変更が禁止されているわけではありませんが、名義を変更するには、正当な対価を払ってもらって売却する必要があります。そして、その売却金を、自己破産したときの債権者への支払に充てるべきとされています。
そのルールを無視して、車を守りたいだけのために、所有名義を換えて自分を使用者にすると、「免責不許可事由」に該当して、免責を認められなくなってしまう可能性があります。そうすると、借金がなくならないので、自己破産する意味が無くなります。
また、車の贈与や売却の効果が否認されて、車が没収される可能性も高くなります。

 

自己破産をするとき、当初から「使用者」になっているなら安心ですが、直前になって「所有者」から「使用者」に変更すると危険が高いです。適切な対応方法がわからない場合には、弁護士に相談しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ