自己破産 車 売却

自己破産前に車の売却をしてもOKですか?|自己破産ナビQ!

自己破産前に車の売却をしてもOKですか?

売却をすること自体は可能ですが、相当な対価を払ってもらい、売却することが必要です。

 

自己破産をすると、破産者名義の財産がなくなります。どうせ財産がなくなるのだから、破産前に自動車を売ってしまおう、という方も多いです。しかし、自己破産前に自動車を売却すると、方法によっては問題が発生します。
今回は、自己破産前に車の売却をする正しいやり方について、解説します。

 

 

自己破産するとき、「財産隠し」は認められない

自己破産前に、車を売却すること自体は可能です。

 

普通に中古車ショップに持ち込んで買い取ってもらうこともできますし、オークションなどで売ることもできます。
しかし、自己破産直前の財産処分は「財産隠し」になってしまうことがあります。

 

たとえば、車を、時価より低い金額で親族などに売却して、実際には以前と変わらず破産者本人が乗り回している場合などが典型です。
ここまでわかりやすくなくても、通常より低い金額で売却してしまったら、それだけで自己破産手続きに支障が発生する可能性が高いです。

自己破産時、財産隠しになると、どうなるのか?

自己破産において、財産隠しは厳しく禁止されています。もし、手続き中に財産隠しが発覚したら、破産管財人が自動車の売却の効果を否認してしまいます。
すると、自動車は破産管財人の手元に返ってくることになり、受取済の代金は購入者に返さなければなりません。購入者にも、大きな迷惑をかけることになります。

 

また、財産隠しをすると「免責不許可事由」になります。免責不許可事由になると、自己破産をしても「免責」を受けられなくなります。免責とは、借金を0にする決定のことですから、免責不許可事由があると、せっかく自己破産をしても、借金がなくならず、そのまま残ってしまいます。

 

そこで自己破産前に自動車を安く処分するのは、非常に危険な行為と言えます。

財産隠しと言われないための売却方法

自己破産前に車を売却したいなら、必ず時価かそれ以上の価格で売却することが必要です。

 

売却前に中古車ショップなどで査定を出してもらい、その査定通りの価格またはそれ以上の価格で売却しましょう。査定書は、必ず手元に置いておき、裁判所から何か言われたときに提出できるようにしておきましょう。

売却代金の使い道について

自己破産前に車を売却すると、売却金の使い道も問題となります。大きな金額がまとまって入ってきたら、基本的に自己破産時まで残っていないと不自然です。

 

そして、そのお金を破産管財人に引き渡し、債権者に配当したら何の問題もありません。

 

これに対し、もし、破産申立時までに使いこみをしてしまい、「まったく残っていない」、ということになると、問題があります。
それでは、結局車を人にあげてしまったのと同じことになりますから、債権者の利益が害されるためです。
そこで、自動車を売却したお金は、最低限の生活費やどうしても必要な支払いに使う以外には、手をつけずに手元に置いておきましょう。

 

 

自己破産前、自動車を売却するならいろいろと注意すべき点があります。迷われたときには、弁護士に相談しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ