自己破産 車 価値

自己破産時の車の価値とは?査定書とは?|自己破産ナビQ!

自己破産時、車の資産価値は、車の専門業者で査定する!

自己破産をするときに車を所有していると、「車の査定書を提出して下さい」と言われることがあります。車の価値を判断する査定とはどのようなことであり、また「査定書」はどうやって入手したら良いのでしょうか?

 

今回は、自己破産時、車の価値を判断する査定について、解説します。

自己破産時、車の査定が問題になる理由

自己破産するとき、どうして車の評価が問題になるのでしょうか?

 

自己破産をすると、破産者のうち、生活に必要な最低限の分を超える財産は、現金化されて債権者に配当されてしまいます。その基準は、だいたい20万円です。
自動車の価値が20万円を超えていたら自動車は没収されてしまいますし、20万円以下なら、そのまま手元に置いて、乗り続けることができます。
その評価の証明のために、自動車の査定が必要になります。

 

自動車査定書とは、自動車の査定額を記入した書類です。
自動車の査定は、中古車ショップや自動車ディーラーなどの専門業者が行うので、自動車査定書も、これらの業者が作成します。

自己破産時、車の査定書の取り方

自動車査定書を取得したい場合、基本的には中古車ショップに自動車を持ち込んで、「査定して下さい」とお願いすると良いです。

 

ただ、中古車ショップは「査定書を作ることはできません」などと言ってくるケースがあります。その場合、車種と年式、走行距離を伝えて、簡易な査定をしてもらい、名刺の裏に金額を書いてもらうことでも足りるケースがあります。どこまでの厳密な査定書が必要かは、全国の裁判所の運用によっても異なるので、正確には地元の弁護士に確認しましょう。

 

また、名刺の裏の数字記載では足りない場合、ディーラーに車を持ち込んで新車購入の相談をして、下取り価格を出してもらう方法もあります。
この場合、新車の見積書の下取り価格の欄に、はっきりと自動車の評価額が記載されるのでわかりやすいです。

自己破産時、車の査定額は、低い方が有利

一般的に、車の査定を依頼すると、業者はサービスとして「高めの金額」をつけようとします。普通、自動車の査定を出す人は車を売ろうとしている人であり、「売るならば、できるだけ高く売りたい」と考える人が多いからです。

 

しかし、自己破産をする人の場合、「できるだけ安く査定してもらった方が有利」になります。査定額が20万円を超えると車が没収されてしまうからです。
そこで、査定を依頼するときには、「できるだけ、低めに査定して下さい」と伝えておくことをお勧めします。とくに、20万円ぎりぎりのケースなどでは、複数業者に査定を出して、もっとも低い査定を出してくれた自動車業者の査定書を提出すると良いでしょう。

 

 

以上のように、自己破産をするとき、自動車の査定は1つの重要なポイントとなります。
有利に自己破産の手続を進めるためには、まずは自己破産に強い弁護士に相談してみましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ