自己破産 生活

自己破産の申し立ての前に行うことは何ですか?|自己破産ナビQ!

自己破産の申し立てをする前に確認しておきたい事

今回は自己破産の申し立てをする前に確認しておきたい事や準備しておきたい事について紹介していきたいと思います。

 

★各債権を把握する

 

まずはあなたが現在抱えている債務をしっかり把握するようにしましょう。「何社から借入れがあるのか?」「各社の残債はどれくらいあるのか?」「毎月の支払いは各社どれくらい返済しているのか?」最低でもこれくらいはしっかりと書きだしておきましょう。

 

さらに、余裕があれば各債権者へ連絡して取引開始から現在までの取引履歴を取り寄せておくとベストです。

 

 

★弁護士や司法書士などの専門家へ相談する

 

あなた自身よく考えた末に自己破産という選択をしたことだと思いますが、弁護士や司法書士など債務整理のプロに相談することで自己破産以外の解決策が見つかる可能性があります。

 

自己破産以外にも債務整理の方法はいろいろとあります。あくまでも自己破産は最終手段ということを忘れないでください。

 

場合によっては過払い金返還請求などによって債務整理自体をしなくても借金をチャラにできる可能性もあります。

 

 

★家族へ報告しておく

 

自己破産しても家族に迷惑が掛かることはありませんが、だからと言って家族に何も相談せずに自己破産するのはやはりオススメできません。

 

家族に話すのは勇気がいるでしょうが、同居している場合などには裁判所からの呼出状などで結果として家族に知られてしまう可能性は極めて高いです。

 

後になって家族に知られて嫌な思いをするよりも、勇気を出して家族にすべて本当のことを話した上で家族の協力のもと自己破産するようにしましょう。

 

 

★支払い口座を空にする

 

自己破産の手続きをすると覚悟を決めた時点で必ずおこなって欲しいのが、今までローンやクレジット返済などで口座引き落としを利用していた場合、それら全ての口座から現金を全額引き出しておきましょう。

 

いくら債権者に受任通知や破産手続証明書を郵送しても毎月の引き落としは急にストップすることは出来ません。そのため、口座から普通に引き落とされてしまう可能性があります。自己破産を決断した以上、もう債権者へ返済する必要はありません。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ