自己破産 生活 ブラックリスト

自己破産するとブラックリストに登録されるのですか?|自己破産ナビQ!

自己破産するとブラックリストに登録されるのですか?

みなさんも「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあると思いますが、今回はこのブラックリストについて簡単に説明していきたいと思います。

 

「自己破産をするとブラックリストに登録されてしまいますか?」という質問をされる方が多くいますが、結論から言ってしまうとブラックリストに登録されてしまいます。

 

しかし、実際にブラックリストという本や手帳がある訳ではありません。

 

通常、わたしたちが銀行や消費者金融などから融資を受けたりローンを組むと必ず個人信用情報機関というところに「指名・住所をはじめ借入先・借入額・使用用途・返済状況」などの個人信用情報が登録されることになります。

 

普通に返済している場合には、なんの問題もないのですが、自己破産をすることで返済不能とみなされ個人信用情報に「事故情報」として登録されてしまいます。

 

このように事故情報として個人信用情報に登録されている状態のことを一般的に「ブラックリストに登録される」という言い方をするのです。

個人信用情報機関について

個人信用情報機関といってもひとつの会社という訳ではありません。

 

個人信用情報機関には、主に銀行が信用調査に利用する『全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター』やクレジット系の会社が多く利用している『株式会社CIC』消費者金融系の『株式会社CCB』金融機関全般が利用している『テラネット』などいくつかの機関が存在しています。

 

つまり、自己破産後にクレジットカードなどを申し込もうとしても、クレジットカード会社がこの個人信用情報機関に照会することで事故登録されている人物であることが判明してしまうという訳です。

ブラックリストに登録されるとどうなるの?

この個人信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまうと、事故情報が抹消されるまでの一定期間は新たにローンを組むことも出来なければ、クレジットカードを作ることも出来なくなります。

 

もちろん消費者金融から借金することも出来ません。

 

ローンを組むことも出来ずクレジットカードを持つことも出来ないのは確かに辛いですが、借金が出来ない分、全てが現金決済となりますので、これまでローンや借金に頼ってきた方にとっては欲しいものは現金で購入するという癖をつけるには良い機会なのかもしれません。

ブラックリストに登録されると一生履歴が残るの?

自己破産をしてブラックリストに登録されたからといってその情報が一生、個人信用情報機関に登録されてしまうという訳ではありません。

 

ブラックリストに登録されている期間は正式には決まっていませんが、一般的には5年〜10年ほどで情報は抹消されると言われています。

 

事故情報として残っている情報が抹消されてしまえばまたローンを組むことも、クレジットカードを作ることも可能になります。

 

さらにいうと一度自己破産をしていても情報が抹消されることで住宅ローンさえも組めるようになるのです。

ブラックリストから履歴が抹消されているか調べる方法

ブラックリスト=個人信用情報機関から事故情報が抹消されているのか調べることもできます。

 

調べる方法には直接情報機関を訪れて情報開示してもらう方法と郵送の2種類があります。

 

各情報機関によって開示手順や確認書類などは異なりますので、詳しくは各情報機関に直接お問い合わせ頂くか自己破産手続の依頼をした弁護士や司法書士にあらかじめ調査方法を尋ねておくと良いでしょう。

 

全国銀行個人信用情報センター
〒100‐8216 東京都千代田区丸の内1−3−1
電話番号 03-3214-5020

 

 

株式会社CIC
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
電話番号 0120-810-414

 


ホーム RSS購読 サイトマップ