自己破産 賃貸アパート

自己破産したら、賃貸アパートから退去しなければならないの?|自己破産ナビQ!

自己破産した場合、アパートやマンションなどの賃貸契約について

自己破産したら現在住んでいるアパートを出ていかなくてはダメですか?という内容の質問をされているのをよくみかけますが、答えは「出ていく必要はありません」です。

 

まず大家さんや管理している不動産会社があなたが自己破産した事実を知ることはほとんど皆無に等しいと思いますので、キチンと家賃さえ支払っていれば何の問題もありません。

 

仮に大家さんや管理している不動産会社に自己破産した事実を知られてしまった場合でも自己破産を理由に賃貸借契約の解除をすることは出来ませんので退去する必要は一切ありません。

 

ただ自己破産するほど生活が困窮しているので家賃を何ヶ月も滞納しているという人もいると思います。

 

このような場合は、自己破産とは関係なく、契約解除を迫られて結果的に住んでいる部屋を退去させられるというケースは十分に考えられます。

 

また余談かもしれませんが、自己破産した後に賃貸物件を借りる場合ですが、最近では保証会社を条件とする賃貸物件も増えており、保証会社の調査によって個人情報信用機関に登録されていることが判明して賃貸物件を借りることが難しくなる事もあるようです。

 

ただし、一般の不動産会社が行っている入居審査などでは個人信用情報機関などに個人情報の調査をすることはほぼありません。

 

稀に家賃をクレジット決済するような物件については例外もあります。

 

これは実際にわたしが不動産会社に数年間勤めていた時の経験から書かせてもらっています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ